ブログカテゴリ:検査、検診



2019 · 06/10/2019
子宮頸がん予防において大事なことは、子宮頸がんワクチンをしても子宮頸がん検査も定期的に受けること。この二つのセットで予防することで、子宮頸がん対策にとても効果があります。

2019 · 05/10/2019
産婦人科の診察台に座るだけでも、怖くて恥ずかしくて精一杯の中、無言でクスコやその他の検査器具を膣の中に挿入されたらどんな気持ちでしょうか。アイラボの自己採取検査で子宮頸がん検査を受けてくださる方の中には「病院で検査をして嫌な目にあったこ」という方もいらっしゃいます。このような経験をしてしまう女性が一人でも減るように、このような「無言検査」がなるなることを願っています。

2019 · 04/15/2019
イボの原因となるのはコンジローマ型のHPV。子宮頸がんを起こすハイリスク型のHPVとは型が違います。だから大丈夫!ではないのです。 HPVは複数の型に感染することは珍しくありません。つまり、イボがあるということはイボを作る6型と11型以外のHPVにも感染している可能性があるということです。それは、全く関係ないHPVかもしれない。でも、それはハイリスク型のHPVかもしれない。

2019 · 04/09/2019
まだまだ年間3000人以上が子宮頸がんでなくなっている日本。まだまだ子宮頸がん検診の受診率が50%以下の日本。そんな日本で子宮頸がんの罹患率、死亡率を下げられるのは、自分たちで子宮を守っていくしかないのです。だから、今日1日、いつも以上にお付き合いください。そして、少しでも拡散に協力していただけたら嬉しいです。

2019 · 03/27/2019
HPV検査は大切な女性を子宮頸がんから守るだけの検査ではもはやなくなったのです。子宮頸がんから守るため、そして、お互いを咽頭がんから守るため、女性だけでなく男性も積極的にハイリスクHPV遺伝子検査をしてほしいと思います。

2019 · 03/25/2019
ハイリスクHPVの遺伝子検査をしておけば安心、と思われる方も多いかもしれませんが、実はそこには大きな落とし穴がある可能性もあるのです。 子宮頸がんはハイリスクHPVに持続感染することによって、徐々に細胞に変化を及ぼしてきます。その細胞の変化が、がんへ向かっての変化なのです。逆に言えば、HPV感染していても、細胞に変化が出ないうちはまだがんへの道を進み始めていないのです。

2019 · 03/13/2019
閉経後2年経った女性が、今回アイラボの「最新の子宮頸がん検査」を受けました。今まで子宮頸がん検診でASC-USなどの異常はなく、今回ハイリスク型のHPV検査を受けて、細胞診の異常もハイリスクHPVの感染も見られなければ、子宮頸がん検診からは卒業でいいかな、という思いで受けられたそうです。子宮頸がん検診から卒業、ということはあるのでしょうか?子宮頸がん検診の卒業ができるかどうか、子宮体がん検診をしていく頻度などは、かかりつけの産婦人科医と相談していくのがいいかと思います。子宮体がん検診は自己採取ではできない検査です。更年期が始まったら、そして閉経がきたら、安心して通えるかかりつけの産婦人科医を見つけると安心ですね。

2019 · 03/12/2019
ある妊娠希望の女性が、以前にASC-USと診断を受けたことがあり、その後の精密検査でハイリスク型のHPVも見つかっています。 そのほかにも、かゆみやヒリヒリする症状もあったので、受診したそうですが異常はなかったようです。 異常はないけどASC-USでフォローアップ中だし、かゆみもきになるし、ちょっとニオイの気になるおりものもあるし、もし性病だったら妊活にも影響が出るかも、という不安を取り除くために、今回アイラボの婦人科トータルセルフチェックを受けられた女性の話です。

2019 · 03/07/2019
検体=患者さんの命 このことを、絶対に忘れてはいけない。 検体は物ではない。人の命です。 安心できる精度の自己採取子宮頸がん細胞診検査を説明するため、通常は検査関係者や企業の健康保険組合の方に説明するものですが、皆さんにもわかって欲しくて、その大事な条件を動画にまとめてみました。

2019 · 03/05/2019
子宮頸がんやおりもの、ニオイ、性病がちょっと気になっている。検査はしたいけど、病院に行くのもちょっと、、、だし、郵送検査キットも不安。どんな検査を受けたらいいのか、私の不安には何の検査キットが必要なのか、よくわからないし。 そんなあなたのために、アイラボは性感染症や子宮頸がんに関する無料電話相談窓口を設けています! 相談はすべて、臨床検査技師の国家資格を持ち、日本性感染症学会の相談員の資格も持った国際細胞検査士があなたの悩みに直接寄り添います!

さらに表示する